2009年03月01日

Ryntenバイエル〜vol.22

【河童のひとり言】

3月になりました。日本では草木が生い茂る月という意味で「弥生月」とも言います。別名「花月」、「桜月」とも言うそうですが、いずれにせよ「春」を示す月であります。

 つまるところ 酒屋がための 桜咲く

古くからこんな川柳もありますが、
不景気が続くわが日本、今年ばかりは、「花見酒」も、悪酔いするお父さんが多いのではないでしょうか?

rynten_vol22a.JPG rynten_vol22b.JPG

中央エフエム ホーメページ内に番組ブログを開設しました!
こちらの方もご覧下さい。
*こちらのSeesaaでのブログは3月一杯で更新を終了します。以後は、上記の中央エフエムの番組ブログで継続します。

【今週のRyntenニュース】
週末、東京は雪でした、寒かったですね。
僕は「どてら」を着込んで終日スタジオに入っていました。
何しろ暖かい!雪の日はこの格好に限ります。

dotera_rynten.jpg

さて、2月のツアー最終日は「船好き」というよりは僕と同じ「船マニア」のマスターがいる高松にある「黒船屋」でのライブでした。
前日の福山で空けてしまった一升瓶「池の露」の酔いも覚めない
まま、岡山から電車に乗り瀬戸大橋を渡り高松へ。

kurofune_ya_b.jpg

天気のいい穏やかな瀬戸内に浮かぶ小さな島々が見渡せました。
広島出身の僕としてはやっぱり瀬戸内海が大好きです。

setouchi.jpg

約1年ぶりにおとずれたお店は、様変わりしステージの場所も変わり
以前よりも広く感じ、狭いながらもなかなかいい雰囲気になってい
ました。
目の前のフェリーの発着ターミナル、今は24時間営業だそうです。
ライブ中もフェリーの灯りが行ったり来たりで、かなりの頻度で往来し
ています。

前回訪れた時に、マスターと「一緒に船に乗りましょう!」と約束した
にも関わらず今回も叶いませんでした、が、面白い船上での過ごし方を 伝授してもらいました。
ビールを買ってフェリーに乗り込みデッキで飲み干す、向こう岸につい
たらまたビールを買って呑みながら戻ってくる…なんとも楽しそうです。
今年の夏は何としても乗りたいなあ。

live_a.jpg


【Ryntenバイエル】
さて今週から「Rynetnバイエル」のお題が変わります。
今月のテーマは「G線上のアリアを弾こう」です。今週はその第3回目。
今週の番外編は記憶にある方も多いと思います。
井上陽水さんの名曲「少年時代」。
この曲は名曲と言うばかりでなく、ギターインストロメンタルとしてもすばらしい曲だとボクは思います。
お楽しみに。

「岡崎倫典のアコースティック・ウインド」。
この番組はラジオ・ミュー富山シティエフエムエフエムとなみエフエムおかざきエフエムわっち木更津エフエムエフエムちゃお中央エフエム、8局のコミュニティエフエム局で放送中です。

中央エフエム ホーメページ内に番組ブログを開設しました!
こちらの方もご覧下さい。
*こちらのSeesaaでのブログは3月一杯で更新を終了します。以後は、上記の中央エフエムの番組ブログで継続します。



posted by ryntenrynten at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
福山ギターセミナーでは大変お世話になりました。
受講された方々の楽しそうなお顔がとても良かったですね。
ライブとは一味違ったギターセミナー。
こちらの番組が目の前で行なわれているような気持ちになりました。
こちらのブログをご覧の方々に是非ともオススメします。

「池の露」黒麹仕込みのわりに優しくて、まるで倫典さんの音楽のようでした。
飲みすぎてしまうお酒でしたねー(^_^;)
心地良い倫典さんの音楽と美味いお酒に乾杯!
Posted by Bar Caboulot at 2009年03月08日 05:28
>Bar Caboulot さん
コメント有難うございます。
ギターセミナー参加されたのですね。
この番組もギター上達に是非活用してください。
また番組へのリクエストテーマなどもあれば是非教えて下さい。
今後ともよろしくお願いします。 
Posted by 制作スタッフ at 2009年03月08日 11:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。