2009年03月29日

Ryntenバイエル〜vol.26

【河童のひとり言】
5月から始まる「裁判員制度」。
考えるとボクはチョット緊張しちゃいます。
果たして、素人に“名裁き”なんていうのができるのでしょうか?
イヤ、やってよいのでしょうか?
調べてみると、こんなヒトは辞退が考慮されるそうです。
「卒業・入学式シーズンの美容師」、「飲食店のナンバー1ホステス」、「仕込み時期の杜氏(とうじ)」など。
できればここに「レコーディング前のギター弾き」ってなのが追加されないものですかね?

rynten_vol26a.JPG rynten_vol26b.JPG

中央エフエム ホーメページ内に番組ブログを開設しました!
こちらの方もご覧下さい。
*こちらのSeesaaでのブログは今週をもって更新を終了します。以後は、上記の中央エフエムの番組ブログで継続します。

【今週のRyntenニュース】
先週末は僕のBirthday。福岡で2ヶ所のライブがありました。
福岡入りの夜は博多の友人に赤ワインでお祝いして頂きました。
あんまり美味しかったので2本もあけてしまい…
           さすがに翌朝こたえました(笑)

birthday_wine.JPG

まずは恒例となった福間海岸のカフェでのライブ。
昼間はセミナーも開催しました。

この日は驚いた事、嬉しかった事が幾つか重なりました。
一つは天気。ここに来るたびにいつも曇りか雨なんです。
天気予報もやはり「雨」でした、が、なんと「晴れ」たんです。
しかも水平線に沈む夕日が目の前に…。

fukuma_sea.JPG

もう一つはライブ中に突然、、
お店のスタッフの方からのケーキがステージへ。

birthday_cake.JPG

そして驚いた事。
カフェには2匹の猫がいます。一匹は9才近いおばあちゃん猫。
もう一匹はノラ出身の3才位のいたずらな「ノンタ」。
いつも店内を走り回りテーブルに飛び乗ったり、でマスターに叱られて
ばかりいた猫でした。
「ノンタ」は僕が訪れる数日前、白血病の為手術をし余命1週間と言われたそうです。
そんな「ノンタ」が病院からもどった直後行方不明に。
みんなは「死にに出た」と思ったそうです。
しかし僕がリハーサルを始めた頃「ノンタ」がいる!の声。
みんなで駆け寄ったところカフェの駐車場に横たわっていました。
「死ぬ前にで帰った」ように感じられました。
残念ながら「ノンタ」はその2日後に息をひきとったそうです。
劇的な瞬間に立ち会ったな…そう思いました。
写真は元気な頃の「ノンタ」。
今は走り回っていた庭で静かに眠っているそうです。

nonta.jpg

翌日は年に一回お世話になっている小倉「Folk Village」。

folk_village.JPG

ここでもライブ中にケーキを持ってきて頂き、
「皆でハッピーバースデーを唄いましょうよ!」というオーナーのお気遣いで僕の演奏と来て頂いた皆さんとで合唱!
嬉しかったです!!
ライブ終了後はご自宅でのバーベキューに招待して頂きました。
これがなんと!自然に囲まれている高台にあり、しかも素敵なすばらし
い手づくりのバーベキューも出来る宴会用?の建物があるんです。
ただただビックリでした。

新鮮な魚介類や肉、焼酎とで夜も更けていきました。

BBQ.JPG

忙しい中お祝いして下さった地元の皆さん、
そして全国から駆けつけてくださったファンクラブの皆さん、
ありがとうございました!!
幸せなひと時でした。

【Ryntenバイエル】
今月のテーマは「G線上のアリアを弾こう」です。
そして今週はとうとうテーマ最終回です。
皆さん、よくぞお付き合い頂きました。
どうですか?弾けるようになりましたか?
まだまだ、という方はまたこのブログで過去の「バイエル」から復習して下さい。

今週の番外編はコブクロの「桜」。
いい曲ですよね。この曲を聴くと、イメージするのは”卒業”。
自分は男子校だったので縁がなかったのですが、今にして思えば、
”第2ボタン”を女の子に渡したかった、なんて思ったりするのです。

「岡崎倫典のアコースティック・ウインド」。
この番組はラジオ・ミュー富山シティエフエムエフエムとなみエフエムおかざきエフエムわっち木更津エフエムエフエムちゃお中央エフエム、8局のコミュニティエフエム局で放送中です。

中央エフエム ホーメページ内に番組ブログを開設しました!
こちらの方もご覧下さい。
*こちらのSeesaaでのブログは今週をもって更新を終了します。以後は、上記の中央エフエムの番組ブログで継続します。



posted by ryntenrynten at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。